インターンシップなんでもガイダンス

その際、手本とやはりなるのは、周りにいる先輩となる。これは、その後の仕事の成果にも大きく影響をしてくるため、私はココを最大の難点(になる可能性)だと考えてる。

 

もちろん、ベンチャー企業就職ではなく大企業に行ったとしても、回りにデキル人がいるとはかぎらないが、ベンチャー企業就職では、アナタが見渡してわかる程度の人間しかいないときも多く、そうなると、インターンシップを探しても無駄ということになりかねない。新卒の場合は、最初の会社の仕事において、仕事のやり方、強いて言えば、今後の自分のスタイルを確立することになりやすい。

 

コレは、ゆっくり考える余裕がない反面、プロジェクトと数値の関係を身をもって体感できるため、もち味ではあるが、ベンチャー企業就職の長所とも難点ともいえない。別に、新卒での入社場合は、前者の「学ぶ対象が寡少」というのは、致命的に時になるケースがある。

 

ベンチャー企業就職の短所は、やはり人がいないため、学ぶ対象が瑣少、最初からいた人が偉大傾向がある、というような事だろうか。その時に、もし、自分が「優良!」と思える人がいなかったらどんなふうになるか、想像して貰えればおわかりだろう。

 

他には、コレはベンチャー企業就職の欠点か如何にかはわからないが、やはり収益基盤ががっしりしてない分、いわゆる日銭商売になりガチである。但し、大企業などと違い、そういった毎日の事業運営にプレッシャーが強くかかるのは確かだろう。